北陸経済研究所とは
指標・統計 刊行物 会員制度 お問合せはこちら 定  款 賛助会員規約 役員名簿 事業報告書 財務諸表 事業計画書 収支予算書   アドビリーダーダウンロード

快適にご覧いただくためには、Adobe社のAcrobat Reader4.0以降が必要です

役員・スタッフ紹介

研究所の概要

一般財団法人北陸経済研究所は、北陸銀行の創業100周年記念事業の一つとして計画され、富山・石川・福井の北陸3県における産業の振興と地域社会の発展に資するため、所要の調査・研究事業ならびに企業経営の指導事業を行うことを目的として昭和53年3月、通商産業大臣(現 経済産業大臣)の許可により設立されました。現在、1千万円の基本財産と賛助会員約3,000先の賛助をベースとして、運営管理に当たる役員24名、調査活動を担当する職員約25名により、意欲的な事業展開を行っております。

名 称 一般財団法人 北陸経済研究所 Hokuriku Economic Research Institute
事業所 〒930-8507 富山市丸の内1丁目8番10号
TEL/ 076-433-1134 FAX/ 076-433-1164
基本財産 1千万円
設立年月日 / 設立者 1978年3月7日 / 株式会社北陸銀行
監督官庁 内閣府
一般財団法人へ移行 2013年4月1日
機 関 評議員7名 理事7名 監事2名 顧問8名
職 員 約25名
経営理念 価値共創~北陸の確かな未来を地域とともに創造する
その他 地方シンクタンク協議会会員/スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)会員

ご挨拶 理事長 浅林 孝志

 平素より北陸経済研究所の活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、私義、この度稲葉純一前理事長の後任として、理事長に就任いたしました。当研究所は北陸三県を対象とする唯一の民間シンクタンクとして昭和53年(1978年)3月に設立され、同年6月に「北陸経済研究」が創刊されました。
 当研究所設立から昭和、平成と経て昨年3月にはおかげさまで40周年を迎えることができましたが、この間、地域経済はさまざまなパラダイムシフトを経験してきました。特に現在は少子高齢化による人口減少と地方経済縮小が大きな重荷となっており、政府の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」により地方創生の深化に向けた種々の施策が推進されています。私どもは北陸銀行創立100周年を記念して地域経済の発展に寄与することを目的に設立されたことを思い起こし、価値共創の理念をもって、その責任を果たしていきたいと思います。
 日本では、昭和のスタグフレーションから平成のデフレ不況へと経済社会の課題が時代の流れと共に変化しました。資本主義そのものの変容が進み、未来への確かな道筋が見えなくとも、地域に暮らす住民は地域経済の疲弊に立ち向かわねばなりません。
 歴史家E.H.カーは「歴史とは何か」(岩波新書)の中で「歴史は伝統の継承とともに始まるものであり、伝統とは、過去の習慣や教訓を未来に運び入れることを意味する。過去の記録が保存されるのは、未来の世代のためである」と論じています。
 また、ケインズと同時代の文学者バーナード・ショーは「我々は過去の記憶によってではなく、未来への責任によって賢くなる」と述べています。
 地域に暮らし、地域に精通する我々住民こそが過去を主体的に捉えることで未来への展望が描けるのだと思います。
 令和元年を迎える中、当研究所は引き続き地域の歴史と現実に向き合い、地域とともに悩み、考え、新しい価値を創造していく価値共創を目指してまいります。そして、これまでの専門性に加えて、起業家的精神と新しい概念を生み出す冒険心を醸成できるように、激動する時代の中で皆様にとって役立つ情報の提供に努めてまいります。

沿革

1978年3月 設立 基金50百万円 理事長に徳宣一郎が就任する
  事務所を富山市荒町2-21に置く
1980年9月 基金が300百万円に達する
1983年3月 事務所を富山市丸の内1-8-10に移転する
1993年3月 理事長に田中 寿が就任する
1993年10月 所内機構改革で地域開発調査部を設置する
2000年3月 評議員会を設置する
2003年6月 理事長に犬島伸一郎が就任する
2012年4月 理事長に川田文人が就任する
2013年4月 新公益法人制度に沿って、一般財団法人に移行する
2017年6月 理事長に稲葉純一が就任する
2019年6月 理事長に浅林孝志が就任する

組織図

組織図 理事長 常務理事 地域開発調査部 情報開発部 事務局 調査研究部