価値共創 〜北陸の確かな未来を地域とともに創造する〜

SEMINAR & LECTUREセミナー・講演会

変化に対応!社員教育が生き残りのカギ

Withコロナ時代の自社にあった教育体系設計の考え方と運用法セミナー

オンライン 経営者・経営幹部 人事・総務
日 時 2021年11月29日(月) 13:30~16:30
場 所 受講企業またはご自宅にて(Webミーティングシステム「ZOOM」を使用して配信)
※北陸経済研究所セミナールームでも視聴可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。
対 象 経営者・経営幹部、人材育成・社員教育担当者の方
定 員 オンライン:40名
参加費 賛助会員(1名):15,400円、非会員(1名):35,200円
講 師 有限会社サンクスマインドコンサルティング
代表取締役/中小企業診断士 伊藤 弘一氏

 労働力人口の減少等、事業環境が大きく変化する中で、社員教育は非常に重要な経営課題です。しかしながら、研修の担当者からは、以下のような声をよく聞きます。
 ・内容が単発的・散発的で、テーマによっては、「全く受講しない人」や「何度も受講する人」がいたりする。
 ・内容が特定領域に偏重しがちで、本来、教育すべきことが漏れてしまう。
 ・研修と会社の人事考課(能力評価、コンピテンシー)との整合性がとれていない。
 ・社員の中で、「自分で勉強する!」という自己啓発の意欲が弱くなっている。
 本セミナーでは、ワークシートを用いて、実際に自社の教育体系を組み立て直しながら、設計・運用の重要ポイントを実践的に学んでいただきます。

セミナー内容

【1】なぜ、いま社員教育が注目されているのか
 ・社員教育の重要性と問題点
 ・就職・転職についての意識調査から見えてくるものとは?
 ・ポスト・コロナ時代における学び方の変化
【2】教育体系再構築の進め方
 ステップ1:会社の方針や戦略を確認する
 ・「どのような人材を育成するのか」の前提として、会社の方針や戦略を確認します。
 ステップ2:各職種/階層別の使命・役割の明確化する
 ・会社の方針/戦略を実現するための「あるべき人材像」を描きます。
 ステップ3:身につけるべきスキルを定義する
 ・「あるべき人材像」に到達するために必要なスキルを体系的に洗い出します。
 ・また、各スキルについての具体的な内容と求める水準を定義します。
 ステップ4:スキルの身につけ方の決定
 ・各スキルについて、どのような方法で身につけるべきかを決定します。(例)OJT、社内研修、外部研修、自己啓発等
 ステップ5:教育プログラムの作成
  ・「いつ」「誰に」「誰が」「何を」「どのように」教育するかを決定します。

キーワード